Home > System > Vista VS Leopard

Vista VS Leopard

 
Microsoftが満を持して世に送り出したWindows Vistaは不調で、相反するようにMac OS X Leopardが好評だとのことですが、

WindowsXPが2002年に発売されて5年ぶりの新OSだからPCスペックを要求するのは理解できます。
では不調の原因はどこにあるのでしょう。

新しいOSのインターフェースは新鮮でわくわくさせてくれます。95→98のときも、Meが出たときもXPのLunaは特に主張が強かったですし、Vistaも負けていません。
でも、ユーザーが不満に思っていることはスペックだけ要求しそれに伴う新機能が少なすぎることではないでしょうか?
Windowsフリップ 3Dを賞賛する評論家?もいますが私には不要な機能だし、もともとAlt+Tabでさえ使ったことのないユーザも多いはずでしょ。
私ならVistaを使うとき、そんな機能を楽しむより、そこまでウィンドウを開かないで使うことをオススしますね。

MicrosoftもXPのサポートをやめるでしょうから、いずれは皆Vistaを使うようになります。その時のために今からVistaを使うのも一つの手ではありますが、私はそんなハイスペックなPCならXPを少しでも軽く動かすことを選ぶでしょう。

Leopardは今使ってみたいOSの1つで、私も次にパソコンを買うならMacだと思っています。
Windowsをずっと使ってきたのでアプリケーションをMac用に揃えることは難しいかも知れませんが、IntelのMacならWindowsも動くのが大きな魅力です。
そのLeopardですが、Vistaと対照的に軽快になっているらしいです。実際に自分で使っていないので評価は出来ませんが、その日が来るのを楽しみにしております。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Home > System > Vista VS Leopard

Search
Feeds

Page Top