仕出し・会席膳・明太子・ズワイガニ・海のものなら何でもおまかせ おいしい魚を食べるなら玄海灘で捕れた活きのいい魚が生簀で泳いでいる橋本鮮魚本店へ 福岡県糟屋郡宇美町

橋本鮮魚本店
橋本鮮魚本店
橋本鮮魚本店
 
橋本鮮魚本店
橋本鮮魚本店

« 2007年09月 | メイン | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月10日

牡蠣の剥き方

kaki.jpg

牡蠣の殻剥きはなかなか大変ですが、コツを掴むと以外と簡単です。

<牡蠣の剥き方>

【1】牡蛎をタワシで良く洗い、ふくらみのある方を下に、平らな方を上にします。
【2】貝柱の位置はだいたいこの辺です。
【3】殻の端の柔らかい部分を調理バサミやペンチなどで切り取り、
   ナイフを差し込む隙間を作ります。
【4】専用ナイフ、または洋食ナイフを使い、刃先を写真の隙間から差し込み
   身を傷つけないようナイフの刃先を上殻の内面に沿うように入れ、貝柱
   を切り取ります。
【5】ナイフを手前に立てるようにして上殻を上に開き、下の貝柱も同様に切り離します。

<ご注意>

牡蛎を剥く時は怪我等に十分注意し、必ず軍手など厚手の手袋を着用する事をおすすめします。

2007年10月11日

ボイル毛ガニの食べ方

kegani.jpg

<毛ガニの食べ方>

【1】手で毛蟹の脚を取り外す。
【2】甲羅を取り外す。
【3】真ん中のオレンジ色の部分が蟹味噌です。スプーンで取り除き甲羅に移しておきましょう。
【4】この部分は、食べられないのでご注意!!
【5】キッチンバサミで脚に切れ目を入れる。
【6】殻が簡単に取れます。

<ここがポイント>

塩茹でした毛蟹は、温め直すと味が落ちてしまいます。どうしても温めて食べたい方は、電子レンジで軽く温めることをお勧めします(約30秒)

■その他  平目、かれい、天然真鯛、カンパチ、あわび、さざえ、天然車海老、活あなご等、店内いけすに群泳しており、お好みで調理もいたします。お気軽にお声かけ下さい。
 
 
(有)橋本鮮魚本店 〒811-2101 福岡県糟屋郡宇美町宇美4-9-23
TEL:092-932-0159 FAX:092-932-0219  info@hashimoto-sengyo.co.jp
Copyright (C) Hashimoto Sengyo Honten All rights Reserved.