仕出し・会席膳・明太子・ズワイガニ・海のものなら何でもおまかせ おいしい魚を食べるなら玄海灘で捕れた活きのいい魚が生簀で泳いでいる橋本鮮魚本店へ 福岡県糟屋郡宇美町

橋本鮮魚本店
橋本鮮魚本店
橋本鮮魚本店
 
橋本鮮魚本店
橋本鮮魚本店

メイン

その他 アーカイブ

2007年10月11日

ボイル毛ガニの食べ方

kegani.jpg

<毛ガニの食べ方>

【1】手で毛蟹の脚を取り外す。
【2】甲羅を取り外す。
【3】真ん中のオレンジ色の部分が蟹味噌です。スプーンで取り除き甲羅に移しておきましょう。
【4】この部分は、食べられないのでご注意!!
【5】キッチンバサミで脚に切れ目を入れる。
【6】殻が簡単に取れます。

<ここがポイント>

塩茹でした毛蟹は、温め直すと味が落ちてしまいます。どうしても温めて食べたい方は、電子レンジで軽く温めることをお勧めします(約30秒)

2007年12月10日

牡蠣ごはん!

kakigohan.jpg

用意するものと牡蠣の下ごしらえ

【用意するもの】
■お米:2合
■生かき(小ぶりな方がおすすめです):約100g
■ダシ昆布:1片
■薄口醤油:大さじ1~2杯
■お酒:大さじ1杯
■サラダ油:少々

【牡蠣の下ごしらえ】これだけ済ませば簡単♪
1.生かきは予めザルに移し、塩を振ってそのまま軽く揉み洗いをします。
2.冷水で洗い流します。

※牡蠣の殻の破片などは、ここで取り除いておきましょう。

絶品「かきご飯」の作り方(2合分)

1.お米(2号)を炊飯器に入れます。
2.お水も普段通りに入れます。
3.昆布、下ごしらえした生かき、お酒、お醤油、サラダ油を入れて一緒に炊き込みます。
4.味のバラつきを防ぐため、軽く混ぜ合わせます。
5.炊き上がったら完成♪

【ここでワンポイント】
サラダ油を入れることで、牡蠣の生くささが消え美味しくお召し上がり頂けます♪

2008年09月03日

秋刀魚のピリ辛揚げ

sanma1.jpg

材料 ( 2~3人分 )
秋刀魚 2匹
片栗粉 適量
サラダ油 大さじ2
①しょうゆ・砂糖・酒 各大さじ2
②みりん 大さじ1
③酢・豆板醤 各小さじ1
ねぎ・鷹の爪(各小口切り) 各少々

1.さんまは頭と尾を切り落としワタを抜き、水洗いして水気を拭き取る。
一尾を四等分に切り片栗粉を薄くからめる。①~③は合わせておく。

2.フライパンにサラダ油を熱し、さんまを並べいれ蓋をして両面こんがり焼く。
余分な油はキッチンペーパーなどで拭き取る。

3.あわせた①~③を加えてさんまに絡める。
器に盛って小口切りにしたねぎと鷹の爪を散らす。

About その他

ブログ「[公式ウェブサイト]橋本鮮魚本店 活魚・販売・仕出し・寿司盛り・ふぐ刺し 福岡県 糟屋郡 宇美町 橋本鮮魚店 最新情報レシピ」のカテゴリ「その他」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

次のカテゴリは刺身です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

■その他  平目、かれい、天然真鯛、カンパチ、あわび、さざえ、天然車海老、活あなご等、店内いけすに群泳しており、お好みで調理もいたします。お気軽にお声かけ下さい。
 
 
(有)橋本鮮魚本店 〒811-2101 福岡県糟屋郡宇美町宇美4-9-23
TEL:092-932-0159 FAX:092-932-0219  info@hashimoto-sengyo.co.jp
Copyright (C) Hashimoto Sengyo Honten All rights Reserved.